ランニングエコノミーについて記事がカブった

3月24日(日) 晴れときどき曇り

この一年ほどランニング雑誌を買っていませんでした。どうも聞いたことのあるネタばかりでマンネリ化が甚だしいと思うせいです。

しかしながらランニングマガジンクリールの今月号はつい買ってしまいましたな。立ち読みしていたら「ランニングエコノミー」という特集で興味深い記事があったので。

ランニングエコノミーに関して、さまざまな切り口で書かれているのですが、その中で「形態から見たランニングエコノミー」では私が先日主張したデニス・キメット選手の下肢の細さについて同じような分析をしているのです。私は3/12に記事をアップしているので私の方が先を行っているのですが。

クリールの記事によれば、実業団トラックランナーのタイムと脚の太さの関係のデータでは、上肢(太腿)の太い選手ほどタイムがよいが、下肢(ふくらはぎ)の太い選手ほどタイムが悪いという結果が出たそうです。私の予想通りでした。こういうデータの提供がランニング誌の役目ですからクリールはいいところに目をつけています。

もっとも、私の場合は下肢の太さはトラック(平地)では不利でも坂道では有利なはずと、さらに突っ込んだ分析をしているので、クリールもまだまだだなと少し悦に入っております。

久しぶりにクリールを読んだらなかなか面白かったです。巻末にある大会リストも以前とは比較できないほど充実しています。ランナーズ誌よりも使えます。これからときどき買うのもいいかもと思いました。

******

次男の陸上記録会が小田急線・善行駅近くの神奈川県立体育センター競技場で開催されていたので、次男の出場する午後に行ってきました。当然ランニングで。

開幕戦、しかも得意でない400mだったので、今ひとつのタイムでしたが、なかなか頑張っていました。まあ親馬鹿ですな。

競技場まで自宅から12kmほどと思っていましたが、もう少し近いようです。11kmほどかな。重いカメラをかついで往復22kmも走ってしまい疲れましたが、満開の桜がきれいでした。春ですなぁ。

ラン資金     +34200円
月間走行距離     267km
年間走行距離    807km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック