芝生または土のコースって意外に少ない

5月29日(水) 曇り

今日は帰りに藤沢のB&Dに寄ってインソールを物色しようと思っていましたが、仕事が長引いて果たせず。日を改めます。

故障予防について参考書などを読んでみると、シューズに耐衝撃性のよいものを選ぶと同時に、アスファルトではなく芝生や土の上を走ることが挙げられています。まあ、これは理屈でわかります。走ったときの衝撃が違いますからね。簡単に理解できるのに、耐衝撃性欠如のアディゼロフェザーで石畳の上を全力疾走して故障したのは誰でしょう、ハイ、私ですね。

で、近所に芝生や土のコースがあるか考えてみました。これが意外にないですな。海岸が近いので砂浜ランという手はあるが、どうみても走りにくいです。小学校のグラウンドもありますが、勝手に入るわけにはいきません。公園もいくつかありますが、一周で100mもとれないので長距離ランには不向きです。

辛うじて、七里ガ浜の浄水場の空き地があります。ここは出入りが自由だし、結構広いので一周で300mくらいはとれそうです。ただ、休日は必ず少年野球チームかサッカーチームが練習しているので、平日しか走れません。ということはサラリーマンには無理です。

いろいろ考えて笛田球場の横のグラウンドくらいしかないという結論です。ここは徒歩通勤のときに横を通るのですが、サッカーの試合ができるくらい広く、利用者も少ないのでいいかもしれません。ただし家からは歩いて20分くらいかかるのが難点ですかね。

要するに、鎌倉はランニングコースのあるような広い公園は、歴史的な都市の性格上作り得なかったということなのかも。

一方で、トレールコースは多数あり。何しろハイキングコースが網の目のように這い回っていますので。そして当然ほとんどが土のコース。

よし、鎌倉の特長を活かしてトレラン練習でも取り入れますか。でもトレランって、不整地を走るのだから木の根っこにつまずいたりして故障につながりそうです。故障予防で土のコースを探していたのに、何だかおかしな結論になってしまいましたな。

*******

今日は往復ともに北鎌倉ルートを徒歩、ようやく故障前の日常に戻りました。ただ足首は全快とはならずまだアイシングしています。保冷剤が大活躍です。特に、北海道の高級海産物取扱店、佐藤水産の保冷剤は足首のアイシングにピッタリです。
画像


ラン資金     +39296円
月間走行距離     135km
年間走行距離    1319km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック