折り畳み自転車でサイクリング

8月18日(日) 晴れときどき曇り

お盆休みも今日で終わり。昨日今日と七里ガ浜の商店街で夏祭りがあって、毎年それなりに楽しみにしているのですが、今年は「断酒」と決めたので何かと誘惑の多い場所へは近づかないことにしています。

昨日の昼にお祭り会場で自治会のフリーマーケットがあったので、小さめのショルダーバックを300円で、古本二冊を60円で購入しただけでした。新しいランシューズも買っちゃったし、しばらく節制ということで。

で、今日は休みの最後に思い出作りをしようと、久しぶりに茅ヶ崎方面に行ってきました。普通はランニングですが、足の故障再発を恐れて自転車利用。変速機付きでは練習強度が物足りないので、変速機なし、シングルスピードの折り畳み自転車を使用しました。

この自転車、今まで緊急用としてのみ利用してきましたが、マニアックな自転車ゆえ使わないと損と思い、最近活躍しています。知る人ぞ知るブリジストン・トランジット・スーパーライト。
画像


質量7.2kg、入手当時(約7年前)はパナソニックのトレンクル6500に次ぐ軽量サイクルでした。中古品を約7万円で購入したあとせっせと軽量化改造を施していて、いずれ質量6.5kgを切るのが目標。自分の体重を減らす方が現実的ではありますが、まあそれはそれとして・・・

さて、そんなわけで飛び砂の吹き荒れる茅ヶ崎を通り過ぎ湘南大橋を渡ってH塚市へ突入しました。が、湘南大橋の先で海側のサイクリングロードも歩道も突然なくなって結構焦りました。逆側の歩道を使えとのH塚市「上から目線」的なご指導なのでしょうか。自転車だから無理矢理車道を走れないことはないですが、ロードレーサーならともかく折り畳み自転車ではかなり怖い。

仕方なく信号を渡って陸側の歩道をちんたら進みましたが、海岸線の陸側は合流ポイントが多く「信号待ち」ばかりで走りにくい。信号ならまだマシで、歩道橋が多数設置された車優先設計になっておるぞ。歩行者/自転車無視、車優先のH塚市の方針がはっきりわかったので、嫌気がさして即Uターンして帰りました。

この134号線は箱根駅伝のルートでもありますが、選手は車道を走るので歩道がないところがあるなんて思いもしませんでした。海側にサイクリングロードも歩道もないなんて、遅れておるのぉH塚市・・・

******

自転車走行距離は約32kmでしたので、ラン換算して11kmとします。断酒と猛暑の影響か、人間もやや軽量化方向に進んでおります。いいことです。

ラン資金     +6960円(シューズ代を支出)
月間走行距離     163km
年間走行距離    1861km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック