ツイスト走は案外いいのかもしれない

8月21日(水) 晴れときどき曇り

スポーツの世界で最近よく聞くのが体幹という言葉。以前はインナーマッスルなどと言われていましたが、すっかり体幹で定着したようです。

体幹をしっかりさせて安定感のあるランニングフォームで走るのがいわば流行りです。

この「しっかりした体幹」では、私は少し誤解していた可能性があるのでちょっと書き留めておきます。

私の世代では、体幹のしっかりしたランニングフォームといえば、まず頭に浮かぶのが瀬古。その全盛期の走りは上体がまったくぶれずに、頭に水の入ったコップを置いても倒れないのではないかと思えるほどでした。

それ故に、目指すは瀬古のフォームと思ってきましたが、最近になって、ある程度上半身が動いてもいいのではないか思えてきたのです。

具体的には、上半身を腰とは逆方向にひねる、すなわちツイストするような走り方の方が私に合っているようなのです。

一見体幹のしっかりしていないフォームに思えますが、しっかりした体幹というのは身体の芯(イコール重心)を動かさなければよいのであって、芯を中心にツイストする分には問題ないのです。

むしろ、上半身のひねりが腰の逆方向のひねりを引き出すことでストライドが伸びるメリットもあるように思えます。

厳密には、実績のある瀬古の走りは理想的なのかもしれませんが、万人向けでない(少なくとも私にはまねができない)のである故、芯さえぶれなければもっと自由に走ってよいというのが最近の私の考えです。

実際に、最近のグルグル走でも、きっちり行儀よく走った場合よりもツイスト気味にいい加減に走った方がわずかながらタイムがよいのです(もちろん身体の芯=体幹はぶれないようにして)。

もう少し検証を続けますが、まずはご参考までにということで。

******

今日は蒸し暑かったです。特に夜は体中ベタベタでした。遠くで雷が光っていたので、さっさと一雨来いよと思いながら歩きましたが、全く降らず蒸し暑いまま。

早く秋にならないかな。

ラン資金     +8370円
月間走行距離     188km
年間走行距離    1890km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック