過去のフルマラソンの振り返り分析

3月23 日(月) 曇りときどき晴れ

業務改善の手法として「振り返り分析」というのがあります。私も製造現場にいた頃に散々やらされました。まあ、所詮ひねくれものの私は、そんなもん、あまり役には立たないぜと達観しておりましたが、素直な人には役立つものです。

それをマラソンに応用して、過去の実績を整理して「見える化」による「振り返り分析」です。

以下のグラフがかつて走ったフルマラソン全23レースのタイムをグラフにしたものです。
画像

私の場合41歳くらいから53歳までレースから遠ざかっていたので空白地帯ができています。若い頃は練習したりしなかったりと波があったので、成績もバラバラで傾向が見られません。もっともこの頃は、今はなきキロロフォレストマラソンのような「真夏の山岳レース」にも出ていたのでタイム変動があるのもむべなるかなといったところ。

全体としては、1回だけ4時間オーバーしたのを除けばあとの22レースはサブフォーなので、我ながら頑張っているといえます。

もう一つ言えるのは、練習がいい加減だった若き日々に比べて比較的真面目に練習している老年期はタイムが安定していること。練習は裏切らないのを証明していますね。

さて、その老年期だけをピックアップしてみたのが下図。
画像

安定しています。が、安定してタイムが落ちていることもわかりますね。これは明らかに華麗…いや加齢です。回帰直線を引くと一歳あたり4分ペースで落ちております。まあ情けないけど仕方がない面もあるのでしょう(と自らを納得させる)。

これを見る限り、もはやサブ3.5は非常に厳しいといえますが、今シーズンの3レースは回復傾向にあるのでまだまだ可能性はあるともいえます。これから一年が勝負どころですね。

見える化と振り返り分析、なかなか効果的でした。EXCELの勉強にもなるしね。

******

ダイヤ改正で常磐線などが品川に乗り入れるようになって、ただでさえ「東京マラソンスタート地点」のような混みようの品川駅がますます混んできたような気がします。神奈川県民にとっては明らかな改悪です。なるべくJRに乗らないようにして憂さ晴らしをするつもりです。

ラン資金     +14037円
月間走行距離    139km
年間走行距離    649km 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック