黒部と東京のタイムを比較

6月1日(月) 晴れときどき曇り

もう少し黒部名水マラソンの話題で引っ張ります。

今年二月に参加した東京マラソンと今回の黒部名水マラソンの5km毎のタイムをグラフ化してみました。5km毎に1kmに要した平均タイムをプロットしたものです。

キロ5分で行ければ3時間31分でフィニッシュということが一つの目安となります。
画像

情けないことに、30km以降の失速が顕著ですな。また、これを見ると最初の入り10kmのタイムが早過ぎることもよくわかります。

やはり、フルマラソンの極意は、スタート直後にじっと我慢してスピードアップしないことなのでしょう。そんなこと25回もフルを走ってるんだからいい加減覚えろよ、って全くその通りでございます。学習能力の欠如ですな。

それにしても、今年の東京マラソンのペースは芸術的なネガティブスプリットですな。我ながら惚れ惚れします。忍者の仮装がよかっただけなのか…

いずれにしろ、このペースを基準にして今後のレースでの作戦を決めたいと思います。

******

疲労が抜けないまま今日もラン資金稼ぎのために通勤ウォーク。歩けど歩けど我がラン資金貯まらざり、じっと手を見る、と石川啄木も言っておりました(嘘です)。

ラン資金     -3152円
月間走行距離    8km
年間走行距離   1343km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

減速生活者
2015年06月02日 07:04
 こちらの作者とも同郷であることを誇りに思います。
 ランニングでも実生活でも心掛けたいものです。
雨にも負けず風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだをもち
慾はなく決して怒らずいつも静かに笑っている
一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かりそして忘れず
野原の松の林の陰の小さな萱ぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば行って看病してやり
西に疲れた母あれば行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば行ってこわがらなくてもいいといい
北に喧嘩や訴訟があればつまらないからやめろといい
日照りの時は涙を流し寒さの夏はおろおろ歩き
みんなにでくのぼーと呼ばれ
褒められもせず苦にもされず
そういうものにわたしはなりたい
ELM81
2015年06月04日 23:32
宮沢賢治ですね。
宮沢賢治も石川啄木も北海道にゆかりがあって親しみを覚えます。確か札幌には啄木の住居が残っていたような気がします。今度探してみます。

この記事へのトラックバック