シューズの重さがタイムに与える影響について(結論)

2月3日(水) 晴れときどき曇り

先週の記事で、シューズの質量(重さ)がランニングに与える影響について言及しました。その計算が間違っているかもしれないので、数日かけて検証した結果、一応間違っていないとの結論に達したので、計算プロセスを載せておきます。鋭い照査をお願いします。

仮定としては、

・シューズの重さは脚を振り戻す際の時間に影響する
・それは慣性モーメントの増加という形である
・その結果、一歩あたりの戻し時間が僅かずつ遅れ、数万歩に及ぶレースではそれが目に見える遅れとなる

以上のようなものです。

結論を書くと、シューズが100g重くなると一歩あたり約4ミリセカンド遅くなる。フルマラソンでは3万~4万歩要するので、120秒~160秒、すなわち2,3分タイムが遅れる、となります。

信ぴょう性にやや難がありますが、何かのご参考にしてください。計算プロセスのノートの画像を添付します。手書きにつき乱筆ご容赦。
画像

******

子供の受験が迫ってきて、家ではピリピリムードです。子供が三人いて、年齢が適当にばらけていて、現役で合格することが少ないので、毎年誰かが受験です。定年で年収は激減するし、受験料や学費はバカにならないし、試練の日々が続きます。

せめてマラソンのエントリー料は値上げしないでほしいと断固言いたい。

ラン資金     36142円
月間走行距離    24km
年間走行距離    345km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック