関西への遠征は経済的負担大

3月28日(月) 曇り

今年の秋の参加大会は神戸マラソンをメインに考えています。まずは当選しなければならないのですが、一応移動方法について予め考えておくのもよかろうと思い、調べました。

私の場合、北海道出身で首都圏に勤務し、転勤も仙台以外にはなかったので、東日本の交通網について詳しいものの西日本には知識があまりありません。早めに調べて安心材料とする作戦です。

まず、考えられるのは新幹線。私の場合、自宅が藤沢駅に近いため、小田原まで在来線で行きそこから新幹線利用するので東京出発よりも安めになります。ただし、それでも片道約13000円かかります。

飛行機の場合、事前予約すれば、羽田-伊丹が10000円弱で行けます。伊丹から神戸までの電車が700円程度なので、台風等で欠航や遅延の恐れがあるものの、安くて早いのは大きなメリットです。

高速バスという手もありますが、疲れるのと意外に安くない(せいぜい7000円程度)ので、優先順位は低めです。

他にないかと頭を巡らせるとLCCが浮かびました。確か西日本には、LCCにしては評判のよいピーチがあるはずと思って調べると、何と4000円程度の運賃です。これは驚異的安さですな。

しかしながら、成田発でかつ関空着です。自宅の鎌倉から成田空港まで2000円以上かかり、そして関空から神戸までも2000円以上かかることを考えると、羽田-伊丹と大差ないことになります。

スカイマークで羽田から神戸空港にダイレクトに飛ぶ手もあります。事前予約だと8000円程度の安さになるようです。これも選択肢の一つ。

結局今日考えた結果では、どうも8000円あたりが最安値の抵抗ラインになっているようです。往復16000円、宿泊費と大会エントリー料を足すと30000円超ですな。やはり関西への遠征は経済的負担が大きいようです。

これならば、エントリー料が12500円とバカ高くても交通費のほとんどかからない湘南国際マラソンに食指が動きます。ただクリック合戦に勝てる自信がない…

悩みますな。神戸は5/20が募集期限、湘南国際は恐らく5月末が申し込み開始です。何とも悩ましいタイミングです。

それ以外の大会参加という選択肢もあるかもしれません。もう少し検討を深めます。

******

もう月末なのに月間累計200kmに達していません。風邪や帰省などがあったので仕方がありませんが、ここ数年では最低記録かもしれません。

ラン資金     45675円
月間走行距離    164km
年間走行距離    763km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

じんまい
2016年04月01日 22:33
50からマラソン参加始めましたが、当初は勝田1本で、東京Mも高いな~と思ってていました。レースを重ねる内、開催地毎の楽しみがわかって来ました。関西遠征は学友に会えることもあり、宿代、交通費を節約しつつ、毎年参加レースを探すことにしました。観光か同窓会気分なら良しとしてます。
ELM81
2016年04月02日 22:49
同窓会を兼ねて遠征するならば効率的ですね。私も家族旅行を兼ねて、というのを狙っているのですが、家族が多いとイベントも多くて、大会参加と日程が合わないことが多いです。
結局、定年過ぎて年収が激減したのが一番痛いのですが。

この記事へのトラックバック