各マラソン大会のコース高低図

9月21日(水)曇りときどき雨

ランニング系月刊誌の発売時期になったので本屋さんで立ち読み。クリールに面白いデータが乗っていたので思わず購入してしまいました。

主要マラソン大会の高低図一覧です。
画像

各大会のHPやパンフレットを見れば大概高低図は載っていますが、あまり正確ではないものも多くて、事前に作戦を練る際に苦労します。このクリールのものは、かなり正確なので非常に参考になります。

日本で最も険しいフルマラソンは大町アルプスマラソンと認識していましたが、それは正解。何しろ、このマラソンだけグラフのスケールが違うのです。他のマラソンはすべて同一スケールになっていて、パッと見て比較しやすいのですが、大町アルプスに限っては同じスケールに当てはまらなかったのです。さすがです。出たくないけど…

超フラットコースの大会も結構あります。新潟シティマラソンやつくばマラソン、福岡国際マラソンは定規で引いたようにフラットです。東京マラソン(新コース)もかなりフラットですが、前半5kmは下り坂です。下り坂+フラット&上りなしなので、最も記録の出やすいのは東京マラソンの新コースで決まりです。

私が次に出場する予定のしまだ大井川は河川敷なのでフラットと思っていましたが、意外にも66mの高低差があります。前半が下り、後半が上りなのですが、一昨年はそれを意識することなく漫然と走ってしまいました。それが後半の失速の原因だったのかもしれません。高低図は見ておくべきですな。

ということで、96大会もの高低図データを一挙に見ることのできる今月号のクリールはこれから役に立ちそうです。

もう少し大きなグラフにしてもらうと、老眼でも見やすかったのですが… 編集部御中。

******

台風一過で秋の青空…とはいかず、今日は気温が低くて寒さを感じるほどでした。そして、ついにセミの鳴き声も聞こえなくなりました。昨年は秋分の日を過ぎてもツクツクホウシが鳴いていたように記憶していますが、今年は先週末まででした。

明日も最高気温が21度Cとの予報です。走るには絶好の気温ですが、どうも終日雨のようです。走れるような雨の合間はあるのでしょうか。

ラン資金     4173円
月間走行距離    155km
年間走行距離    2324km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック