だらだら坂の影響をどう考えるか

10月18日(火) 晴れときどき曇り

昨夜は飲み会があって、早く帰る予定がそうはならなかったため、やむなくブログお休み。

さて、秋の本命レース・第八回しまだ大井川マラソンinリバティ(名前が長いな)まであと12日となりました。まだ充分余裕はあるのに、ドキドキしてくるところが小心者たる所以です。作戦もなかなか決まらない…

目標タイムや作戦を決めるうえで重要なのはペース配分です。しまだ大井川はフラットコースと思い込んでいたのが、前半はだらだら下り、後半はだらだら上りであることに気づいたのがこの8月のことです。この「だらだら」をどう考えるのか(あるいは考えないのか)がポイント。

20kmで80mのだらだら坂というのは、普段はほとんど意識しないので、まるで実感がわきません。でも無視していいとも思えません。

そこで、無理やり坂の影響を風力に換算することにチャレンジしてみました。そうすれば実感がわくのではないかと。

少々ややこしい計算をしてみて、たどり着いた結果は「20kmで80mの坂は風力換算で毎秒0.2mの風に相当」。

そのややこしい計算方法については、今はここで書いている余裕がないので、日を改めて記事にしようと思います。まあ、結論を急がせてください。

秒速0.2mの風ならば「そよ風」程度ですが、普段走っているとそれなりに意識する程度の影響はあるのではないかと思います。

わずかでも影響があるならばペース配分においても考慮すべきでしょう。前半は1時間45分で走れると思いますが、自重して1時間48分とし、後半は1時間52分、合わせて3時間40分狙いとするのが落としどころと考えました。

このタイムをベースに、細かい部分をさらに詰めていきたいと思います。

うんうん、何だかもっともらしくなってきましたな。

******

今日は意外に暑くて、歩き始めてすぐにジャケットを脱いでしまいました。帰りもそう。ジャケットは手で持ち運んだだけなので、邪魔そのものです。ならば、丸めてザックに詰め込めるシャカシャカのウィンドブレーカーでいいではないかと思えるのですが、サラリーマンなので、多少はまともな格好をしなければならず…

今日出かけた半蔵門付近から桜田門方面を写してみました。
画像

ラン資金     8573円
月間走行距離    116km
年間走行距離    2502km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たか
2016年10月20日 21:55
こんばんわ。ペース配分は良さそうですね。あとは後半、島田恒例の大エイドに立ち寄るかどうかですね。私は去年、大エイドを楽しみに5分程度休憩し、飲み食いしてから走り始めたら足が痙攣してしまいその後ゴールまで大失速してしまいました。
ELM81
2016年10月21日 21:40
たか様、今晩は。
3時間40分と書きましたが、翌日42分に下方修正させていただきました。
大エイド、魅力的なんですよね。一昨年は2分ほど滞在しました。今年は心を鬼にして立ち寄らないつもりですが、果たして…

この記事へのトラックバック