さのマラソンの概要がアップされたが

6月4日(火) 晴れときどき曇り

ガッカリです。

気がつけば、今年のさのマラソンの第一報が出ておりました。開催日は12月8日(日)、エントリー開始は7月1日でした。ここまでは予想通り。

ガッカリなのは、エントリー料が大幅アップしたことです。7000円と昨年までの5000円から4割ものアップです。コースが変わって警備などの人件費が上がることなどの理由かと思われますが、4割アップはやり過ぎではないですか。運営会社(アールビーズか?)に、リニューアルしましょうとか言われて、ぼったくられたということはないでしょうね。

詳細は不明ながら、おそらくスタートとフィニッシュ地点が駅から近い場所に変更になるのでしょう。その点は大いに評価できますが、スタート時間が9時半から9時へ、30分早まっています。朝早く家を出なければならないのは変わりません。この点もガッカリポイント。

良心的と思われたのは、フル参加者の定員が2000人に据え置かれたことでしょうか。富士山マラソンのように、リニューアルに伴い参加人数を大幅に増やして大失敗やらかしたのに比べると、大いに評価できます。

でも、さのマラソン程度で(失礼ながら)7000円は高いと思います。近隣の大会を見ると、はが路が6000円、大田原が7000円、つくばが7500円ですよ。大田原、つくばレベルとはとても思えないのに。

ちょっとモチベーションが下がってしまったので、参加候補大会としての優先順位も下げますが、他に適当なのがないという事情もあり、また、他の詳細事項がまだ発表前なので、それらを見てから再検討する余地はあります

まあ、今日の時点でガッカリしたのは確かなので、さっさとふて寝します。

******

なかなか梅雨入りしませんね。異常気象の一環なのでしょうか。雨は嫌いですが、きちんと梅雨入りしてくれないと、生活のリズムが作れないような気がして、落ちつきませんね、って私だけかもしれませんが。

ラン資金     -14568円
月間走行距離    28km
年間走行距離    1157km

この記事へのコメント

kawa
2019年06月06日 21:21
がっかりですね、さのマラソン
7千円はちょっと盛りすぎじゃない?と思います
ただ、5千円のときは農道のようなギリギリ2車線をコーンだけ置いて
車とランナーが行き交う、という結構危険な状況だったので、公認化と市中心街の警備に思ったより費用がかかったのかもしれません。同様な勝田マラソンは6千円なのでまあ相場なんでしょうか?

それより心配なのが9時スタートに変更された点です
北関東のフルマラソンは概ね、10時開始が多いですが、これは明らかに、東京以南からの日帰りでの参加を促すための措置と思ってます。3回目くらいは酷評が目立った古河はなももMも、いまでは早期締め切りになるくらいの人気大会に成長したのは上野東京ライン湘南新宿ラインの駅という好条件が影響していると思います
その古河でさえ10時開始となっているのに、さのマラソンは東武佐野線というJR上野東京ラインと比べるのが悲惨なくらい、列車本数が少ない上、9時スタートでは南関東からの集客は難しいものになること必至です

さらには駅前市役所スタートでゴールが旧大会と同じ市陸上競技場という点も帰りのこと考えると不便だなあ。おそらく市内の交通規制解除の問題でそうなったと思いますが
個人的にはスタート・ゴールは駅前の市役所、フィニッシュ後は佐野プレミアム・アウトレットまでの直通バス(有料)あり、という計らいとかあったら盛り上がるのに・・と勝手に振興策を考えてしまします。
もちろん参加費は5,6千円程度で
ELM81
2019年06月06日 22:50
kawa様、こんばんは。長文のコメントありがとうございます。
そうですよねぇ… ご意見に大いに納得です。
私もあとから気付きましたが、フィニッシュ地点が駅からかなり離れているんですよね。シャトルバスを運行するのでしょうけど、疲れ切って満員のバスには乗りたくないですね。
加えて、リニューアル第一弾の運営ゴタゴタが予想されることを考慮すると、ちょっと見送りの線が強くなってきました。
といっても代替の大会が決まらない状態なので、6月いっぱい考えます。

この記事へのトラックバック