MGC女子を予想してみる

9月12日(木) 晴れときどき曇り

三日後に迫ったMGC。男女がほぼ同じ時間帯に走り、それぞれ別の放送局が中継するという、そこだけ見ても前代未聞の大レースがいよいよですな。ある意味、本番のオリンピックよりも面白いのではないかと思っています。

では、女子の予想にいってみましょう。

本命はずばり鈴木亜由ちゃんですな。これはもう自信を持って鉄板といえます。当日の気温は、スタート時点では24~25℃程度と思われますが、これは亜由ちゃんが勝った昨年の道マラと似たような条件です。このことも有利に働きそうです。唯一の弱点は故障です。完治したはずなのですが、故障の多い彼女には、まだ隠している古傷があるかもしれません。それが心配ですが…まあ、大丈夫かな。

対抗に松田を推す記事が多いのですが、私は調子が戻っていないと見ています。浪速のど根性でトップ集団に食らいつくでしょうが、非常にリスクの大きいレースになりそうです。

松田に代わって私の推すのは安藤です。ワコールに移籍し環境が変わったばかりですが、ワコールの先輩・福士からいい影響を受けていると思います。安藤はラスト勝負に弱いので、最初から飛ばすと宣言しているようですが、そのこと自体よほど自信があると見ました。

では、その福士ですが、さすがに日本女子陸上界のレジェンドも37歳という年齢には勝てないでしょう。本人もある程度自覚しているはずで、ではどうするかといえばワコールの同僚、安藤と若い一山のサポート役に徹するのではないかと思います。先行したい安藤のペースメーカーになるとか。少なくとも、「自分はこう走るから、適当に利用して」くらいのことは、二人に言ってあるのではないでしょうか。

次に、前田(穂)と前田(彩)。実は、私はこの二人の区別があまりついていなくて、情報が頭の中でゴッチャになっております。なので、よくわからず(無責任!)。

上原はどうでしょうか。名門・第一生命だけにMGCにうまくピークを合わせてくるはずですが、実力的には3位まで届かないように思います。ただ、かつての小鴨由水のように、五輪選考レースの大阪国際で大逃げして日本記録(当時)を出したような爆発力はあるかもしれません。第一生命の名将・山下監督の采配や如何に。

関根は調子が上がっておらず、野上はシンスプリントなのに強行出場のようです。この二人の3位以内はまずないでしょう。関根は同僚・亜由ちゃんのアシスト役に回るのではないでしょうか。

小原も最近のマラソンでは、安定しているけれど平凡なタイムしか出せていません。よほどのスローペースにならない限り苦しい展開になると予想。

最後に岩出レイア姫。ここ最近では目立ったタイムを出しておりませんが、20歳以下の最高記録を持っているように、相当な実力者です。それに、アンダーアーマーと契約して、NIKEのVFに対抗するスペシャルシューズを履き、ウェアも暑さ対策として特注のものだそうです。それがほとんど「水着」だとの噂です。楽しみです(そっちかよ!)。でも、もし優勝でもしたらスポンサーが1億出すとの話もあるようで、このニンジン作戦が当たるかもしれません。ちょっと無視できない存在です。

ということで、一応全員書きましたので、最後にまとめると、◎:鈴木、〇:安藤、△:松田、▲:上原、×:岩出 となりました。

競馬だったら、亜由ちゃんに全財産投入しますね。

******

今日はお休みでした。土曜日が大阪まで法事でお出かけなので、今日走っておこうと一応21kmのビルトアップ。キロ7分で入り、最後はキロ5分を切るところまでいきましたが、その後失速しました。ちょっと情けなし。
ラン記録190912.jpg
ラン資金     +4431円
月間走行距離    81km
年間走行距離    1821km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント