全日本大学駅伝をテレビ観戦

11月3日(日) 晴れときどき曇り

札幌の実家で、朝から全日本大学駅伝をテレビ観戦。予想はほとんど当たりませんでした。

東海を推さなかったのは、關、館澤、鬼塚といった黄金世代がことごとく不参加となるため、さすがに優勝に届かないと思ったせいですが、それ以外の選手も相当な実力を持っていることがわかりました。どうも東海は、各選手がハーフマラソンの距離でベストを出せるように選手を調整しているようです。つまり箱根対策であり、今日の結果を見る限り東海の箱根二連覇がかなり濃厚になったと思わざるを得ません。

東洋は、4年生の相澤、定方の走力が光りましたが、それ以外が伸びていないようです。特に西山はどうしたことか。ここ2年近く不調が続いている印象で、恐らく箱根での復調は間に合わないと思います。カバーできる選手も少なそうなので、東洋は箱根ピンチではないかと思われます。

駒澤は明らかな戦略ミスでしょう。区間配置を間違わなければ一年生の田澤の走りが予想以上だっただけに、優勝にからめたと思います。箱根でもいい線行くのではないかと。

青山の充実ぶりは意外でした。選手層が厚いのでしょうね。区間配置さえ間違わなければ箱根でも上位に行きそうです。それに比べて國學院の今日のレースぶりは少し心配ですが、國學院は5区が強いので、やはり5強の一角といえると思います。この点、大躍進の東京国際は箱根での5位以内は無理なのではと思います。

意外に善戦したのは早稲田、何故箱根予選会で苦労したのか不思議なくらいです。本戦でもシード権落ちの心配はないと思います。とはいっても、箱根は5区次第なので、何が起こるかわからないのですが。

それにしてもピンクと黄緑のシューズばかりでしたね。区間新が続出したのはやはりシューズのせいなのでしょう。そんな中で、青山の鈴木主将と2区の岸本が履いていたのはアディダスの新厚底シューズと思われます。市販されるのか、されるのなら価格はいくらなのか興味津々です。

******

本日の夜便で北海道から自宅に戻りました。気温の違いに身体が戸惑っています。写真は新千歳空港で食べた松尾のジンギスカン丼。道民のソールフードゆえジンときました。ジンギスカンだけに…
DSCN0179[1].jpg
ラン資金     +2853円
月間走行距離    14km
年間走行距離    2154km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント