箱根を見終えて考えること

1月3日(金) 晴れときどき曇り

東海6区の館沢が期待通りに爆走したとき、8区あたりで1分差以内になると予想しましたが、青山の強さが想定外でした。

東海も往路含めてほぼ失敗のないレース展開でしたが、それを上回る緻密な駅伝をしたのが青山でした。結局、昨年東海が勝てたのは「青山がヴェイパーを履いていなかったから」なのでしょう。シューズが同じ条件ならば昨年も青山が一枚上だったというのが今回のオチでした。

今年の駅伝三が日、ニューイヤー駅伝と箱根駅伝をほぼフルタイム見ましたが、いろいろと考えさせられました。私のような「たそがれランナー」であってもタイムを追求するためにVFを履くべきか、それとも自分の価値観に従って節約優先で走るべきか。

その答えになるかもしれない事実を今日の復路最終10区で見つけました。創価大の嶋津はVFでなくランバード(多分)で区間新をたたき出したのです。アッパレじゃないですか。

走るのはシューズではなくランナー、VFであれランバードであれ、はたまた格安1600円のブルックスであれ、自分自身が練習を重ねてタイムを縮めていけば、所詮市民ランナー、それでよいのです。VFに手を出さない理由を無理やり見つけてホッとしました。

箱根駅伝のMVP(金栗四三杯)は東洋の相澤になったようですが、個人的には創価の嶋津にあげたいと思っています。

******

箱根の終わったあと走ってきました。今年の走り初めは20kmをキロ5分半。

いつもの周回コースに行ったら、水道管漏水のために緊急工事をしていて歩行者用の狭い通路しかありません。仕方なく、台風で歩道が通行止めになっている海沿いの134号線へ行きました。

通行止めのところは迂回して走り、予定通り20kmを終了。低気温、無風のため気持ちのよいランニングで走り初めできました。
ラン記録200103.jpg
ラン資金     +9449円
月間走行距離    20km
年間走行距離    20km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント