東京マラソン2020をテレビ観戦

3月1日(日) 晴れのち曇り

大迫が日本記録をたたき出しましたね。いやはや、たいしたもんです。昨日、日本記録は出ないと予想して申し訳なし。気温がスタート時に11℃台、フィニッシュ時でも13℃台と、予想よりも多少低めに振れたため、あまり影響しなかったのが好記録続出につながったようです。

井上と設楽がトップグループに付くのかと思ったら、井上と大迫でした。でもペースが速すぎましたね。井上は律義に付いていきましたが、大迫が22km付近でやや自重した作戦が当たったようです。力を貯めて30kmを過ぎてから徐々に追い上げた走り方は非常に参考になりました。井上は律義過ぎましたかね。でも、大迫に勝ち、かつタイムも5分49秒より速くなければならないので仕方がなかったのでしょう。果敢にチャレンジした意気は、今後に活きてくるのでは。

設楽は、前半貯めて後半に爆走するものと思っていましたが、見せ場のないままでした。脚の疲労が回復しないままだったように思えます。熊日30kmや丸亀ハーフを回避した方がよかったようです。結果論ですが。

大迫が10km過ぎに給水所で、立ち止まったのにスペシャルを取れなかったときには、ヤバいのではとも思いましたが、外人選手からシェアされていました。終盤で、風除けするから後ろにつけよとベルギーのアバディに親切にされたり、大迫は、ああ見えて他の選手から慕われているのがよくわかりました。マラソンには人間性も必要なのですな。

日本選手から、5分台1人、6分台2人、7分台7人、8分台5人と少々インフレ気味の大会でしたが、やはり高速レースは面白いですね。

個人的には、MGCの出場権利を取れず、駅伝でも惨敗した青山OBの一色が、7分台を出して復活したことがうれしかったです。

******

見終わったあと、刺激を受けてその辺を走ってきました。時計を見ずに走ったのですが、25kmを2時間17分30秒と、計ったようにキロ5分半ジャストで走れました。

ラン資金     +26033円
月間走行距離    25km
年間走行距離    472km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント