名古屋ウィメンズは27200円

9月16日(水) 曇り

エリートランナーしか参加できない福岡国際マラソンだけは例年通り開催されると思っていたので、開催のニュースが出たときには何となくホッとしました。

ところが、招待選手を除く一般参加が80人と書いてあるので、ちょっと少ないのではと思い、調べたら例年は400人前後出るようです。つまり、今回はかなり絞っているわけですね。

ということは、2時間15分を切るような実力がないと出られないので、まあ実業団クラス=セミプロでないと無理でしょう。もっとも私には関係のない世界ではあります。

名古屋ウィメンズはかなりの規模で開催する方向になったようで、大会要項が発表されていました。それによると、一般抽選4500人、宿泊付き3000人、チャレンジ枠3500人なので、計11000人の枠は確保されました。例年よりも少ないとはいえ、よくこの規模でやる気になったもんだとある種の感慨を覚えます。女装でも考えますか(ダメです!)

ただ、エントリー料が26000円とはバカ高いですな。関係ないけど。

これで、一般市民ランナーが参加できる大規模大会として、名古屋ウィメンズと湘南国際の二つが本決まりですが、どちらも値上げしてしまいましたね。

何となく、ですが、有名な大会は、エリート化か高額化の二極化の方向のように思えてきます。いずれにしても私にはもはやついていけないことになりそうです。

寂しいです…

******

名古屋ウィメンズのHPにはこんなキャッチが書かれていました。『「新しい日常」のマラソン大会はじまる。これが私のスタート・・・』

新しい日常のマラソン大会はエントリー料26000円ですか… よく見ると「別途事務手数料1200円が必要となります」とありました。27200円かい! フン、もうちょっとでアルファフライの新色を買えちゃうじゃないか…

ラン資金     +44447円
月間走行距離    167km
年間走行距離    2556km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント