紙糸繊維ソックスの耐久性

11月11日(水) 晴れときどき曇り

10月初めにラン用ソックスを購入したことは書きました。紙糸繊維を使用したC3fitのものです。紙糸繊維とはその名の通り紙の繊維を利用したもので、弱そうな印象がありますが、実は高耐久性が売りなのです。

その後、ランニングのときはこればかり履いており、約300km走ったのでその耐久性についての報告です。

結論から書くと、売り文句通りの耐久性の高さに驚きました。私の場合、通常のソックスならば100kmも走ると親指のところに穴が開いてきてしまい補修しなければならなくなるのですが、このソックスは300km走っても、親指の爪の当たるところがやや毛羽立ってきたかなというくらいで、全然穴の開く様子なしです。
DSCN0509[1].jpg
その代わりに、シューズの親指のところに穴が開いてきてしまったというオチです。
DSCN0508[1].jpg
このソックス、そのざらざら感も特徴の一つですが、履いているうちにその感触に慣れてしまってやみつきになりました。

もう一足買い足そうと思います。緑のやつを買ったので、次はもうちょい派手な色にしましょう。

******

今日のテレワーク後のナイトラン12km。少しペースを上げなければと思ったので、キロ5分半を目指しましたが、67分35秒=キロ5分38秒に終わりました。暗くなければもうちょいイケたんだよなぁと笑ってごまかします。

ラン資金     +51265円
月間走行距離    125km
年間走行距離    3079km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント