大阪国際女子マラソンをテレビ観戦

1月31日(日) 晴れ

大阪国際女子マラソンをテレビ観戦。スタートを見て、公園内の道にしてはなかなか広くて、周回遅れが出てもそれほど問題なく走れるのではと少し安心しました。

レースは、予想通り本命の二人がペースメーカーにピタリと付く展開になり、また、このPMの3人が精確に走るもんだから、のっけから日本新更新の期待が出てきましたが…

前田は、少し前に体調を崩して5日ほどランオフ期間があったとのことで今一つ調子がよくなかったようです。ズルズル遅れてしまいましたが、それほど大崩れしなかったのはさすがでした。自己ベストだったそうなので、それほど悲嘆することはないでしょう。

前田にピタリと寄り添って励まし続けたPMの田中選手の献身的な姿が印象的でした。勤務先はひらまつ病院とのことなので納得です。

さて、ズンズンと一定速で進んだ一山選手でしたが、25km付近から脚の運びに躍動感がなくなってきて、少しずつペースが落ちてしまったのは残念です。PMの川内選手と岩田選手が励ましていたせいなのか、大きな落ち込みはなく、結果的には大会新の21分台でしたので、よくやったとほめてあげたい。やはり、現時点の最速マラソンランナーは一山ですね。

同様にPMの二人も、ホントよくやったと思います。時計のような精密さの川内選手、路面、コース取り、給水ポイントなどを細かく指示する岩田選手、素晴らしい気配りでした。

周回のコース設定もそれほど飽きるようなものでもなく、周回遅れの選手もほとんどが道を譲るようにアウトコースを走っていたので危険な場面もなく、はっきりと言い切ってしまえば、アフターコロナでもこのコースでいいのではないかと。

いやー、よかったよかった。長居の周回コースを一度でいいから走ってみたいなと思いましたよ。

******

見終わってから12kmばかり走ってきました。目標のキロ5分半に対して、12kmを66分7秒でしたからキロ5分31秒となり、私も川内に負けない精密さで走れたことになります。もちろんたまたまですが。

これで、今月も300kmオーバーの目標達成。

ラン資金     +59705円
月間走行距離    311km
年間走行距離    311km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント