名古屋ウィメンズをテレビ観戦

3月14日(日) 晴れときどき曇り

名古屋ウィメンズは松田の独走で終わりました。佐藤はともかく小原が全く不調だったのは不可解ですが、やはりモチベーションの問題のような気がします。

松田はよく粘りました。今日の日差しと風を考えると、後半でもう少し落ちるものと思って見ていましたが、ほとんど落ちなかったのは粘り方がうまかったからだと思います。ストライドが明らかに小さくなってきて、これでは21分台は無理だろうと思ったのですが、その分ピッチを高めて減速を最小限に食い止めていたように感じました。まあ、それができるのも日頃の鍛え方がいいせいだと思います。

2位の佐藤も、23km付近で遅れ始めたときは、こりゃもう大失速、DNFもあるかもと思ったのですが、結果的に24分台でしたから、驚異的な粘りといえましょう。このランナーはマラソン耐性が高いのかもしれません。次に期待。

第2グループから抜け出し、「おお、小原が追い始めたか」と間違ってしまった同じ天満屋の松下は、今回の収穫ではないでしょうか。この選手、名前も全然知らんかった、すみません。天満屋はいい選手が続々と出てきますね。指導方法がいいのでしょうね。

まあ、ほとんど余談ですが、今日もっとも驚いたのは、1位の松田よりも2位の佐藤の方が年上だったことです。ヒョウ柄の似合いそうな「なにわの腹筋女王」は28歳くらい、セーラー服の似合いそうな「セキスイフェアリー」は23歳くらいと思っていたのですが、佐藤の方が1学年上なのですね。うーん、コメントは差し控えます。

******

新コロナ禍での大規模市民マラソンレースとして注目しておりましたが、その三密対策はあまりはっきりしませんでした。フジテレビが市民ランナーをあまり放映しなかったので。

スタート直前の様子は映していましたが、直前までマスク着用、ソーシャルディスタンス確保は遵守されていたようです。これからの市民レースの在り方として、わずかばかりですが参考になりました。

ラン資金     +63825円
月間走行距離    151km
年間走行距離    767km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント