フィニッシュ直前のアクシデント

3月26日(金) 晴れときどき曇り

今日は出社。業務はあらかた済んでいるため、主に事務処理と残務整理。すでに終戦ムードでしたが、午前中にトラブル発生。

チーム内のウェブ会議をしているときに突然ノートPCがダウンしました。あわてて再起動をかけましたが、なぜかできずに真っ黒画面のままです。

ウェブ会議中なので、デスクトップから入り直して、会議自体は何とかなりました。

会議後、システム関係部署にノートPCを持ち込んで修理を依頼しましたが、数日かかるとのことで、あと数日しか会社にいない私にとっては何の意味もなく、躊躇なく修理の前に返却手続きをしました。

これで、来週の残り三日はデスクトップで乗り切るしかありません。それはいいのですが、デスクトップ使用ということはテレワークができないことを意味するため、全て出社せざるを得なくなりました。

しかし、サラリーマン生活42年のうちのあと三日というところでPCトラブルに見舞われるとは、フルマラソンのフィニッシュゲートの10m手前で脚が攣ったようなもんでしょうか。

それも私の人生、這うようにしてフィニッシュラインを超えましょう。

******

びわ湖に続き福岡国際マラソンも今年で終了だそうです。国内随一の格の高さなのに終了とは納得できません。スポンサー不足と書いてありましたが、朝日新聞が責任をもって続けるべきなのではないでしょうか。

デレク・クレイトンが史上初のサブテンで福岡を走ったとき、テレビ中継にかぶりついて見ていた私は当時12歳、鳥肌が立つような快走を覚えています。福岡は、その後フランク・ショーターの4連覇、瀬古の3連覇など数々の名場面を提供してきましたが、その大会がなくなってしまうとは…

ショックが大きすぎます。

ラン資金     +65985円
月間走行距離    256km
年間走行距離    872km