箱根の区間エントリー発表

12月29日(火) 曇りときどき晴れ

箱根駅伝の区間エントリーが発表されました。今年は、6人の偵察メンバーが許されるという特別ルールがあるので、おそらく各校は当日になって大幅なメンバー変更を行うのでしょうが、それでも優勝の行方を占う意味では大いに参考になります。

私は、箱根で優勝するためには以下のポイントを外さないことが絶対と思っているので、その観点で予想してみます。なお、勉強不足のため、復路までコメントできません。往路のみの予想とさせてください。

ポイントとは、(1)選手層の厚さ、(2)エース格の存在、(3)5区に計算できる選手がいるか(4)やらかさないか、の4点です。

まず、青山。選手層は厚いといえるでしょう。往路の3,4区は当日変更するとして、恐らく3区:神林、4区:佐藤になると思われます。青山の場合、神林、吉田がエース格ですが、全日本での吉田の凡走を見ると少々不安です。5区には竹石を入れています。上りに強いのは実証されていますが、前々回の脚の攣りが少々不安要因です。その意味で、1区、5区がやらかしの可能性が若干ありそう。

次、駒澤。全日本で優勝したこともあり、私は、今年の駒澤にはかなり期待しております。選手層は青山並みに厚いといえます。そして絶対エースの田澤がいるのも好材料。田澤は2区に配置されましたが、恐らく東国のヴィンセントと区間賞を争う走りをするのではと思います。問題は5区でしょう。当日の区間変更で新人の鈴木に走らせると思われますが、これはギャンブル。うまくハマれば総合優勝に近づき、やらかせばシード権争いまで沈むのでは。

次に明治。今年の明治は前評判が高いです。監督は優勝を狙うと広言しておりますが、それが現実味を帯びているほどです。まず、層が厚い。絶対的なエース格がいないのは弱みですが、だれを出してもそこそこ走れてしまうのは大きな強みといえます。5区には櫛田を出すと思われます。ここは少々不安ですが、大きなミスはしないように思います。やらかしが一番少なそうなのが明治と思います。

続いて東海。1区には当日変更で塩澤を入れるでしょう。2区の名取と併せてこのダブルエースは相当な強みです。加えて5区に西田がいるのも大きなアドバンテージです。少なくとも往路ではやらかしもなさそうなので、往路優勝、悪くても2位でしょう。しかしながら東海の弱みは選手層の薄さです。往路偏重のため、復路で沈んで総合3位くらいではないかと思います。

最後に早稲田。今年の早稲田は相当やりそうです。選手層もそこそこ厚く、ダブルエースの中谷、太田も好調です。全日本を見ても全体的に安心して見ていられる安定感があります。ただ、問題は5区。今日のエントリーでは諸冨という新人を入れましたが、案外このまま走らせるのではと思います。すなわちギャンブルですが、この賭けは駒澤よりも掛け率悪いと思われます。

以上の解析から、私は、往路優勝は東海ながら、総合優勝は駒澤か青山と予想します。明治は健闘するものの優勝には届かず、といったところかと。

以上、5校についての評価でした。他校には、優勝の目はほとんどないと思われますが、1区に出る三浦、吉居といった新人の走りや2区のヴィンセントのタイムなど、見どころが盛りだくさんです。

例年になく気温の低い箱根になりそうですが、各選手の熱い走りに大いに期待しております。

******

今日は、近所を12kmほど走って、最後にハードオフに寄ってジャンク品の中から、ドリルの刃とか細いヤスリなどを格安でゲットしてきました。こういったガラクタ集めがなぜか楽しいのです。変なヤツ…

ラン資金     +56825円
月間走行距離    303km
年間走行距離    3602km

"箱根の区間エントリー発表" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント