テーマ:走法

坂道はへそを意識

3月21日(木) 晴れ 最近は通勤時に北鎌倉山岳ルートを採用しているために階段歩行が多くなっています。また、階段のない坂道も多くて、それらが筋力アップにつながっていると信じています。 もう一つ、山岳ルートの効用として感じているのが身体のバランス感覚。坂道では前後方向の重心位置をうまく保っていないとバランスを崩してしまい結果的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日からのダイヤ改正に思うこと

3月15日(金) 晴れ 明日からJRを含めてダイヤ改正が行われます。秋田新幹線にE6系車両投入などが大きく取り上げられていますが、私にとって感慨深いのは、東急東横線渋谷(地上)駅の廃止。今までの地上駅から新設された地下駅にその役目を移すことは連日報道されています。 私が約34年前に就職のために上京したとき通勤で利用していたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木崎選手の練習方法に共感を覚える

3月14日(木) 晴れときどき曇り 少し古い話ですが、名古屋ウィメンズマラソンを制した木崎選手のレース前のインタビューが毎日新聞に載っていました。ロンドン五輪で惨敗してからの練習方法に関する話が記憶に残ったので、ここに再録しておきます。 (1)練習にクロカンなどのアップダウン走を採り入れた。 根本的な脚力と体幹を鍛える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デニス・キメットのふくらはぎの考察

3月12日(火) 晴れ アフリカ系ランナーはアジア系に比べて下肢の細さが特徴的です。その中でも、東京マラソンで優勝したデニス・キメットの下肢には驚きました。まるでひふく筋(ふくらはぎの筋肉)がほとんどないようにすら見えます。 ないわけはないのですが、日本人に比べてまったく発達していないような印象です。ひょっとして彼らはふくら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

給水は三段階が理にかなっているのだそうだ

2月16日(土) 曇りときどき晴れ いや、驚きましたな、ロシアの隕石・・・ 小惑星2012DA14が地球をかすめるという恐らく数十年に一度の現象のわずか一日前に100年に一度とも言われる大隕石が落ちるのですから、まあ偶然なのでしょうけど、何か関連があると思えてしまいますな。 さて、隕石関連のウェブサイトを探していて、サ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まだフラット着地の修行が足りない

2月4日(月) 曇り 1月27日に出場した湘南藤沢市民マラソンの写真サイトで、自分が走っている姿を探していたら、こんなものを見つけました。前方の脚が私です。 画面をキャプチャーしてきただけなので、画質が悪いのはご容赦。 ちょうど後方にいるランナーとステップが揃っていますが、後方ランナーのシューズのソール(底)が見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腕振りによる左右バランス改善仮説

1月8日(火) 晴れときどき曇り 私はランニング歴の長さの割りに故障の少ないランナーであると自認していますが、その少ない故障が何故か右脚に起きがちなのです。 例えば、ランナーのシンボル、黒爪も右足指に多く、長時間ランでの疲労も右脚から起き始めます。また、故障ではないですが、シューズの減り方も右脚の方が激しいのです。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォームアップの必要量が難しい

1月4日(金) 晴れ 駅伝観戦三昧の日々も終わり、そろそろ自分のことを考えなくてはいかんと思い始めているわけです。もちろん2/24の東京マラソンが本命なのですが、その前の1/26に湘南藤沢市民マラソンがあります。 この大会は初参加なのですが、距離も初めての経験となる「10マイル」です。だいたい16kmということはわかっていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランニングにおける「惰性」の考察

12月5日(水) 晴れのち曇り 惰性というよりも運動量ですね。高校物理で習ったように、運動量=速度×質量です。物体が動いているとして、転がり抵抗も空気抵抗もなければ、エネルギーを消費することなく同じ速度で動き続けます。いわゆる等速直線運動ですね。 ランナーにも同じことが言えて、接地抵抗も空気抵抗もなければ最初のダッシュで加速…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必見、山の神二人のランニングフォーム

12月4日(火) 曇り時々雨 ふと気づいてみると箱根駅伝まで1ヶ月を切っていました。光陰矢のごとし・・・特に定年間近の人間には・・・ サッポロビール箱根駅伝応援サイトなるものが開設されていて、初代と二代目山の神、今井選手と柏原選手が走りながら雑談をしている様子がアップされています。二人とも好青年なので、なかなかほほえましくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランニングにおける小指の想い出について

11月10日(土) 晴れ 以前、職場の宴会で、初めて覚えた歌謡曲は何かという話題になり、俺はピンクレディのあの歌だとか、いや松田聖子じゃろとかの声が飛び交う中、ELM81さんは何ですかと振られたので、園まりか伊東ゆかりだなあと答えたところ、約1.5秒の静寂が訪れたのちに次の話題に移ったことがあります。 別に受け狙いだったわけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「歩隔」についてほかく、ではなく深く考える

10月30日(火) 曇りときどき晴れ 歩隔(ほかく)という言葉を最近知りました。歩幅は歩く(走る)ときの進行方向の一歩の長さですが、歩隔は進行方向に垂直方向の左右の足の距離です。一本のライン上を歩く場合には小さい歩隔になるわけですね。 鉄道に例えると、狭軌が小さな歩隔、広軌が大きな歩隔に当たります。って、かえってわからないか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

階段一段飛ばしでで腸腰筋を鍛える

5月2日(水) 雨ときどき曇り 5月から方針変更したことのもう一つは、ウォーキング時の歩幅のアップです。経験上歩行速度を上げるためには、ストライドを伸ばすよりもピッチを上げるほうが効率がよいので、今まで歩くときはハイピッチウォーキングを実践してきました。 しかしながら、ランニングのときに重要な働きをする腸腰筋(大腿と腰をつな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後半勝負のレースペースをハント作戦と名づけた

4月12日(木) 晴れ リトライ東京ハーフが二日後に迫りました。が、緊張感全くなし。いいことなのか悪いことなのかわかりませんが。 通常ならば、年代別でクラス分けされているので、私レベルでも辛うじて表彰台を狙える位置にいます。現に50歳を超えてから2回の入賞、4回の「入賞まであと一人」を経験しております。この4回って異常にアン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK趣味DO楽のテーマはフルマラソン

4月9日(月) 晴れ 今夜21時半からNHKで「趣味DO楽」という番組をやっていて、3ヶ月でフルマラソンを走れるようになるのがテーマでした。 どうも2回目らしい。1回目は見逃してしまったわけです。 今日の放送内容を簡単にご紹介すると、まずランニングシューズとウェアを選ぶことから始めていました。タレントの野々村真と時東ぁ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農作業とラン練習で満ち足りた一日

3月20日(火) 晴れ 祝日+晴天。やった、久々のラン日和です。まあ、サボっていましたが農作業日和でもあるわけで・・・ まずは朝、コーナンに買出しへ。鍬、野菜用の土、肥料、そしてジャガイモの種芋。品種はキタアカリにしました。 帰ってからさっそく農作業。わずかばかりの畑を耕し、石や粘土を取り除き、自治会が提供してくれた堆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「後方を踏む感覚」を会得したいと思う

3月19日(月) 晴れのち曇り 先週金曜日の日経新聞に、一面全部使ったランニング特集記事が載っていました。日経といえば「走る編集委員」吉田記者がいるところとしてランニング界では有名(でもないかな)。 今回その吉田記者も「ランナーのホンネ」なるコラムを書いています。 お題は「無駄なく走るには」。 全て紹介し切れませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんば歩きについて考えてみる

3月15日(木) 晴れ なんば歩きというものがあります。右脚と右手、左脚と左手を同時に動かす歩き方です。日本古来の歩き方といわれていますが、本当に昔の日本人はこんな歩き方をしていたのだろうかとやや疑問。 まあ、疑問はおいといて、この「なんば」という言葉が陸上競技で話題になったことがあります。200mの日本記録保持者・末続選手…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日経の記事から「藤原メソッド」を読み解く

3月14日(水) 晴れ 昨日の続きで藤原選手ネタ。 昨日少しだけ紹介した日経の記事は、かの有名な「走る日経記者」吉田氏の書いたものです。吉田記者、50歳のはずですがサブスリーに着々と近づいています。日経新聞には経済とはほとんど関係のないマラソンに関する記事ばかりアップしていて、それはそれで非常に参考になります。 その吉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤原選手復活の鍵は「骨盤矯正」だそうな

3月13日(火) 晴れ 復活の鍵は骨盤矯正なのだそうです。以下、今日の毎日新聞夕刊から要点のみ。 ロンドン五輪マラソン代表・藤原新選手の復活は、カーヴィーダンスの考案者の指導によって「骨盤周辺の筋肉の使い方の指導」と「股関節の可動域を広げてクッションのようにゆとりを持たせた」ことだそうです。 これにより「五輪選考会とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピッチが自然に上がる方法を試してみた

2月4日(土) 晴れ 走る速さを決めるのはピッチとストライドです。それ以外はありません。したがってタイムをよくしようとすればこの二つのどちらかまたは両方を向上する必要があります。 私はストライドを伸ばすよりもピッチを上げることに力を入れるべきだと常々思っており、実際にそのような練習をしてきました。 最近、ピッチを上げて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランニングフォームのチェックができるそうだ

2月2日(木) 晴れ RUNNETからメルマガが到着。以下の内容でした。 ★★引用ここから★★ ミズノが開催する、ランニングフォームアドバイスイベントの情報です。 どんなフォームで走ったらいいの? 自分は理想的なフォームで走っている? 専門家があなたのランニングフォームをチェックしてアドバイスします!! どな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランニングにおける黒爪問題の考察

1月14日(土) 曇り 『黒爪』はランナーの勲章でしょうか。黒爪とは足の爪が内出血して黒くなってしまうことです。ランナーのブログを見ていると黒爪の話題がときどきあるのでランナーにとっては一般的なものと思っています。 私は走歴20年になりますが、初期段階から何故か「左足の薬指」だけが黒爪に悩まされてきました。痛くないのですが気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランナーは上り坂に有利

1月13日(金) 晴れ 昨年12月に富士マラソンフェスタのハーフマラソンに出場しました。ご存知のように普段はレーシングカーが疾走する富士スピードウェイ(FSW)を大勢のランナーが駆け抜ける痛快なレースです。 FSWではマラソンばかりでなく他のイベントも開かれます。その一つがママチャリレース。何人かで構成されたチームが一台のマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディランゴ選手の走りに惚れ惚れした

12月25日(日) 晴れときどき曇り 今日の高校駅伝での最大の収穫はディランゴ選手の走りでしょう。最初の1kmを2分33秒!で入ると前にいるランナーズをごぼう抜きにして一気にトップへ。 向かい風さえなければあのワンジルが出した区間記録を塗り替えるところでした。 そのランニングフォームは見ていて惚れ惚れするほど。かつてこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日は親子マラソン

12月10日(土) 晴れ 明日は親子マラソンです。約2.5kmと短いので子供の走力に合わせて走るつもりです。 ポイントは二つ。 まずスタートの位置の確保。距離が短いのでスタートの位置取りは重要です。それに親子マラソンなので、手つなぎ走法の人が多数いることが予想され、後ろにいると抜くのが大変なのです。早めにスタートライン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「訳もなき怒り作戦」と名づけた

12月6日(火) 曇りときどき晴れ 今日は震災ボランティア活動二日目ですが、本ブログは基本的にランニング関係なので、さらっと触れるだけにします。作業内容をボランティアセンターで確認すると昨日の午後と同じホヤの採苗器作成作業。一同約15名で作業開始し予定通りに終わりました。出来は今一つなのでしょうが、依頼者から丁寧な御礼の言葉をいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高岡さんのインタビュー記事から

12月2日(金) 曇り時々雨 今日は午前休暇をとって胃の検診に出かけました。経口での内視鏡検査です。今まで横浜市大附属病院に行くには自転車を利用して電車賃を浮かせていたのですが、あいにくの雨でしかも強烈な寒波。あっさりあきらめて電車で行きました。 検査自体はどうということはなくて大きな問題なし。ほっとしました。今年は内視鏡検…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラストスパートはすべきなのだろうか

10月14日(金) 晴れのち曇りのち雨 ラストスパートってみんなやっているのでしょうか。周りを見るとやっていない人が多いような気がします。やりたいが力を使い果たしていて出来ないケースもあるでしょう。実際のところはどうなのでしょうか。 私は必ずやります。いつも、ラストだけがんばれるならばその前からペースアップしろよと自己嫌悪に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ハイレの勧めるフラット走法

10月5日(水) 雨ときどき曇り ハイレ・ゲブレセラシエのマラソン世界記録が破られたのは記憶に新しいところです。かといって、ハイレの偉大さが色あせることはないでしょう。 何しろ、5000m、10000m、マラソンの全てで世界記録を出したことがあり、さらに世界室内陸上1500mで金メダルを取ったことすらあります。この守備範囲の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more