ランニング用ソックスの経済的考察

12月17日(金) 曇り

ランニング専用ソックスというのをよく見かけるようになってきました。中には2000円もするようなものもありますが、果たして効果はどうなのでしょうか。

節約ランナーを自称する私としては、高いソックスなど買う気もなく(買えず)、この18年のラン生活(初レースから)でも購入したのはごくわずか。今までの使用ソックスを分類してみました。

練習用1:普通のスポーツソックス。実家からのもらい物がほとんど。多分ゴルフの景品なのだと思う。昔はこれでよかったのだが、今これでランニングすると「おじさん」そのもの。で、今はほとんど使用せず。

練習用2:普通のソックスだと長すぎておじさんくさいのでアンクルソックスを使用。一番使っているのは尊徳マラソンで当たったアシックスのもの2足。使いすぎてビロビロになり1足は破棄した。

決戦用1:厚手のもの1足。初レースに合わせて家内が買ってくれた。大事に使っているので現役。ただ前述のように長めのソックスは流行じゃないため最近使用していない。

決戦用2:何かのおまけでもらった一応ラン専用ソックス1足。10年目くらいだがいまだ現役。大事に使用。

その他:通販で買った五本指アンクルソックス。履き心地は非常にいいのだが、履くのに苦労するのであまり使用せず。脱ぐとき指まで裏返ってしまうのも不満。

てなわけなので、実はラン専用ソックスを4足しか持っていないのです。買い足したいなぁと思っていたので、買ったのがこれ。ラン用ではなく普通の薄手のアンクルソックス。100円ショップで105円でした。

画像


安物なので、どーかなぁと思っていたのですが、今のところなかなかよろしいです。耐久性がわかるのはこれからですが、問題なければ練習用はおろか決戦用もこれにしようかと思います。これこそ節約ランナーの真骨頂と自画自賛。

デザインが妙なのは、息子たちに取られないようにしたため。目立たないデザインだと勝手に持っていく奴がいるんです。家内は爬虫類みたいだと言って私のデザインセンスを疑っているみたいですが、まっいいや、シューズを履けばあまり見えないし。

今までのラン専用ソックスと105円ソックスでは今のところ練習タイムに違いはありません。履き心地さえよければソックスに金をかける必要なしというのが結論。たとえ爬虫類と呼ばれようと・・・

本日、年末の花金なのに忘年会なし。たまには早く帰りたいので有難し。例によって帰宅ウォーキング。

★ラン資金  +2217円★
★月間走行距離 144km★
★年間走行距離2967km★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック