ラン用ソックスの耐久性について考える

2月14日(月) 曇りのち雪

よくチェックするクリール誌編集長の記事に、いいソックスは耐久性があるとの記事を見つけました。例として挙げているのは、X-SOCHSとZAMSTのHA-1です。

HA-1は以前藤沢のB&DでZAMSTの派遣店員にかなり強く勧められたのですが、靴下に2000円も出せるかよと思って買いませんでした。まあ、そのとき代わりにアームサポーターを買わされてしまったわけで、勧められると断れない自分の小心臓が情けないと反省しています。年をとってから悪徳勧誘業者にだまされやすいタイプかも。あっ、ZAMSTが悪徳という意味ではないです。

以前書きましたが、私はソックスに金をかけない主義であり、フィットさえすれば何でもいいと思っておりますので、ほとんど100円ショップで仕入れたもので練習しています。

今日なぜソックスの話題にしたかというと、その100円ソックスが5~6回の使用、距離にして50kmほど走っただけで穴が開いてきてしまったからです。キロ2円か・・・・

ということは2000円のソックスでも1000kmの耐久性があればペイするってことですね。私は年間約3000km走るので4ヶ月同じソックスで練習して穴が開くかどうかということ。どうでしょうか、いくらなんでも開きそうな気がしますが。でも試してみる価値はありそうです。

でも、はたと気がつきました。安物は左右フリーなので二足あれば片方ずつ穴が開いても生き残った方同士を組み合わせてしばらくは使えます。それに対して高級なソックスは左足用と右足用が明確に分かれているので左右どちらかだけが生き残っても使えません。

私の場合、右足の親指が立ち気味なので、穴の開くのは必ず右の親指の爪のところです。ということは左足用ばかり生き残るわけで延命できませんね。それを考えるとやはり高級ソックスは割高かもしれませんが、一応機会があれば耐久性を試していつの日か報告しますね。

本日、帰宅時には雪になり気温も0℃近くまで冷え込んだため当然ランオフ。明日の朝、坂道での転倒に要注意です。


★ラン資金  +8461円★
★月間走行距離 122km★
★年間走行距離 332km★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック