日本選手権男子10000mを予想してみる

6月9日(木) 曇りときどき晴れ

明日は日本選手権の10000mレースがあります。世界陸上の代表選考を兼ねているため、トップアスリートがそろい踏みするので非常に面白いレースが予想されますが、残念ながら平日のため仕事中、しかもテレビ中継なし。録画放送は19時からありますが、飲み会のため見られず。

できれば土曜日にやってほしいのですが、5000mにも出場する選手が多いので中一日空ける意味があるのでしょう。仕方がありません。深夜の録画放送でも見ますか。

一応、予想を書いておきます。例によって当たらないと思いますが。

優勝候補の一人は竹澤選手かと思っていましたが、どうも棄権のようです。それと実力者松宮(隆)選手も棄権らしい。そうなると、佐藤(悠)、宇賀地、岡本、村澤、木原、深津、大西、尾田あたりに絞られてきます(全然絞られていない…)。この中では宇賀地選手の調子がよいのではと思います。カーディナル陸上で27分42秒を出しています。

佐藤(悠)選手も同じカーディナルで28分を切るタイムを出していますが、この選手はどうも本番に弱いようなところがあって、競り合いになると勝てないと思います。

対抗は村澤選手。上り調子だし若いので最初からガンガン行きそうな感じがします。スタミナが続くようならそのまま逃げ切りゴールもあり得ます。

村澤選手以外の大学生ではあの山の王者柏原選手も出ますが、さすがにトラックでは力が出ないように思えます。山の王者と言えば元祖山の神今井選手もエントリーしています。新旧山の神対決は面白そうです。

宇賀地、村澤、佐藤(悠)の三人が飛び出して(もちろん外国人選手も)引っ張ると好記録が期待されます。標準A突破(27分40秒以内)を見てみたいです。

男子に先立ち女子の10000mも行われますが、これは福士選手が圧勝するでしょう。全く隙なし。こうなったら日本記録でも出してほしいものです。

日曜の5000mも楽しみだなぁ。これは生中継があるようなので見逃さないようにしないと。

本日は雨も上がって久しぶりに往復とも通勤ウォーク。シジュウカラのさえずりを聞きつつ歩く鎌倉の山道は気持ちよい空気に満ちていました。

ラン資金   -3232円
月間走行距離   85km
年間走行距離 1389km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック