アジア陸上男子長距離を予想する

7月6日(水) 曇りときどき晴れ

何度か書いているように、私は本社と研究所の二つに席を持っています。節電対策で輪番出勤になってしまったため、今日は研究所が休みで本社が出勤。どちらかが休みならば休んでいいとのマイルールが認められるはずもなく、本社に出勤しました。本社はジョギングシューズ通勤を認めないなど堅物なところがあり出社したくないのですが、所詮サラリーマンなので仕方なし。

さて、いよいよ明日から神戸でアジア陸上が始まりますね。平塚七夕まつりも始まりますが、って全然関係ないけど。

ウェブサイトを見たら競技のスケジュールやエントリーリストがアップされていました。

注目する10000m決勝は初日、つまり明日の夜です。そして5000m決勝は土曜日。

男子10000mには日本から、佐藤(悠)、宇賀地、村澤の三人がエントリーされました。これはすごいメンバーです。高校時代から超エリートの佐藤、走らないと呼吸の出来ないマグロのような(ウソです)宇賀地、日本人学生ナンバーワンの村澤の三人が揃ってアジアの頂点を目指すレースです。見逃せません。

5000mもすごい。佐藤(悠)、鎧坂、渡辺です。長距離二冠を目指す佐藤に学生ナンバーツー(と思う)の鎧坂、今期絶好調の渡辺です。

で、予想。佐藤は直前までスイス合宿だったようです。だとしたら暑さ耐性が心配です。村澤、宇賀地では、まだ宇賀地がが心配です。村澤、宇賀地では、まだ宇賀地が一枚上のように思えます。従って10000mは宇賀地、村澤、佐藤の順。暑そうなので日本記録は無理かな。

5000mですが、鎧坂はあとの二人に比べて持ちタイムがやや劣るので三番手。やはり今期絶好調の渡辺が逃げ切るという予想です。渡辺、佐藤、鎧坂の順ですね。

当たったらすごいな。

女子はあまり深く検討していませんが、5000mの小林(祐)選手に期待。最近不調のようなのでここで起死回生のメダルをとってほしいのですが。

明日は仕事もそこそこにさっさと帰ってテレビ観戦することにします。

本日、往復ともに通勤ウォークできて電車賃を節約できました。江ノ電には大変申し訳ないのですが。

ラン資金    +3078円
月間走行距離   70km
年間走行距離 1647km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック