暑さ対策は運動後のタンパク質+糖分補給だそうだ

7月13日(土)  晴れのち曇り

暑い日が続いています。この一週間、連日の猛暑日または真夏日で体力が低下しております。暑さによる寝不足もありますが、休日でも子供たちは部活だの高校野球の応援だの、無茶苦茶早起きなのでつられて起きてしまいます。

今日は午前中に原因不明の猛烈な腹痛に襲われ、やりかけた日曜大工を止めてばったり倒れていました。おかげさまで昼頃には復活できましたが、あの痛みはどこから来たのかいまだに不明です。疲労とストレスかも・・・

そんなわけで、今日は午後になってから、部活から塾に移動する三男に勉強道具を届けるために大船まで自転車で行ったのが唯一の運動になりました。こんなことではいかんですな。

さて、昨日の毎日新聞にタイムリーな話題が載っていたのでその紹介、題して「熱中症対策」です。

それによれば、暑くて脱水症状を起こしたときには、短期的には「水分+塩分」ですが、長期的に血液量を増やし暑さに負けない体力をつけるためには「ややきつめの運動後の乳タンパク質+糖分」なのだそうです。

運動後の乳タンパク質+糖分の摂取は、血液中のアルブミンを増やす効果があり、アルブミンが増えれば周囲から水分を引き込んで結果的に血液量が増えるのだそうです。

さらに、運動直後のタンパク質の摂取は筋肉合成に、糖分の摂取はグリコーゲンの回復にも効果を発揮します。

私も運動後のタンパク質摂取には効果ありと独自に気づいていて、以前(二ヶ月ほど前?)に、運動後に豆乳投入というダジャレ付きの記事を書いた記憶がありますが、豆乳よりも牛乳の方がよく、さらに糖分を追加すればさらによいことになります。

よし、つまり朝の通勤ウォーク後にフルーツ牛乳か雪印のバナナ・オレを飲めばよいのだな(バナナ・オレ大好き!)。北鎌倉駅前のコンビニにこれらが置いてあるかどうかチェックする必要がありますな。

******

三連休の初日でしたが、冒頭のような体たらくで自転車走12kmのみ。ラン換算で4kmだけプラスします。

ラン資金     +3450円
月間走行距離     109km
年間走行距離    1577km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック