向かい風の走り方

10月30日(金) 晴れときどき曇り

ナゴヤアドベンチャーマラソンでは、計測したタイムをすべて消失してしまうミスがあり、経過がよくわからず分析困難ですが、それなりの収穫もありました。

それは向かい風の走り方。向かい風は上り坂と同じように扱われますが、今回うすうす感じたのは、向かい風と上り坂では、適した走り方が異なるということです。

手短にかつ極端に書くと、上り坂では筋肉の使い方が平地と異なるのに対して、向かい風では平地と同じように走ればよいと思うのです。

平地で無風の場合、走ればその速度の分だけ向かい風になります。その向かい風が少し強くなっただけなのだから、四の五の言わずに同じように走ればよいと達観しました。風の抵抗があるので、その分はストライドを狭めることで対応して、ピッチを変えずフォームも出来るだけ変えないように進むことで大きなダメージを回避できるのです(と思います)。

風は一定ではなく必ず強弱がありますが、それに影響を受けないようにしっかりしたフォームを維持すること、今風にいうと体幹をしっかりさせることがポイントと思いました。

これが今回得た教訓。

向かい風の場合、むしろ空冷効果で火照った身体を冷やすメリットもありますので、忌み嫌うことなく「向かい風はお友達」くらいのスタンスで臨んだ方が精神衛生上よろしいようです。

でも、あまりに強い向かい風はさすがにご勘弁ですが。

******

今日は休暇。仕事が一段落、休暇が大量に余っている、今になって疲労気味、満員電車に乗りたくない…等々の理由により。

疲労気味なのでランオフ、のんびりと秋の一日を過ごしました。

ラン資金     16317円
月間走行距離    302km
年間走行距離   2803km 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック