下り坂走はファクトレクトレーニングの亜流

11月14日(月) 曇りのち雨

昨日の下り坂ランの感想。グラフを見て気づいたのは、インターバルトレーニングに近いということ。それもそのはずで、インターバルトレを練習に取り入れたザトペックは、名選手・ヌルミのファクトレクトレーニングを参考にしたのだとか。ファクトレクトレとは、丘陵地で、上り下りを利用して変化走を行う練習方法です。てことは、下り坂ラン≒ファクトレクトレーニングであるから、似ているのも当然ですね。

下り坂ランは、岩本さんの著書では「峠走」と呼ばれています。これは足柄峠などの長い(13kmもの)下り坂を使うので、特にそう呼んだのだと思います。

ファクトレク、インターバル、峠走と名前は違えどもやることが似ている、そして100年以上前から続いているということで、このトレーニングの有効性は保証されていると考えられます。どんどん取り入れたいと思います。

昨日試走したコースは、鎌倉市の梶原の配水場から北鎌倉駅方向に下る車道を利用したものです。約900m下って、道が細くなるところで左折して細い近道を上り配水場に戻るもので、一周約1.5㎞ほどです。下り坂の傾斜がきつからず緩からず、交通量も多くないのが魅力です。

私としては、このコースにたどり着くまで4km弱走らなければならないのが唯一の欠点かな。

鎌倉は坂道が多いので、どこでも下り坂ランできそうなのですが、人や車が多いのと、坂が急すぎるため、意外に適当なコースが見つかりません。例えば、極楽寺から長谷方面に下る道は適度な坂なのですが、極楽寺、成就院(あじさい寺)、御霊神社の入り口、力餅屋などの観光スポットがあるために、人や車が多くて、休日にはとても走れたものではありません。

ちなみに、この力餅屋の力餅は伊勢名物の赤福を超える美味しさと私は思っています。鎌倉観光の際にはぜひご賞味を。

******

先々週のしまだ大井川マラソンで年代別35位だったことは書いたと思いますが、記録証には参加者数が書いてありませんでした。そこでRUNNETで調べてみたところ565人とわかりました。

35位/565人なので、上位10%には入りましたが5%には入れず。年代別ならば5%を目標としているだけに少し残念です。ちなみに今年の東京マラソンでは年代別(60~64歳)で40位/1244人で、堂々の5%以内でした。だいたい3時間40分を切るあたりが60歳代の5%に相当するようです。やはり、3時間40分というのは一つのマイルストーンといえますね。

ラン資金     7642円
月間走行距離    134km
年間走行距離    2781km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック