スキンシップの効用

2月22日(水) 晴れときどき曇り

今日の毎日新聞デジタル版に載っていた「安全に楽しく早く!東京マラソンの走り方」という記事は非常に参考になりました。詳しくはそちらをご覧ください。全文を読むには登録が必要ですが、とりあえず無料でできます。

その記事の中で、脳内ホルモン物質であるオキシトシンの話題は初耳でしたので興味深かったです。オキシトシンというのは一名「幸せホルモン」とも呼ばれていて、これが分泌されるとマラソンの痛みなどを軽減してしまうそうです。

脳内ホルモンでは、ドーパミンとかノルアドレナリンというのは知っていて、これらが分泌されるとハイになって走りのギヤが一段上がるのです。私も経験したことがあります。

オキシトシンも同様な効果があるそうです。それを分泌させるには「スキンシップ」が一番手軽なのだそうです。リオ五輪の女子マラソンで勝ったスムゴング選手は、出産後に急に記録が伸びたのですが、その原因が赤ちゃんを抱っこしたときに分泌されるオキシトシンであるという説もあるのだそうです。

スキンシップですな。シャイな私もレース中にときどき小学生とハイタッチしたり、Qちゃんとも二回ほどハイタッチしたこともありますが、確かにパワーが出たように思います。

さっそく東京マラソンでも試したいと思いますが、他のレースに比べて意外にハイタッチしてくれる人が少ないようにも思えます。まあ機会があればということで。まあ、声援だけでも多少の効果はあるそうなので、そこんとこよろしく。

******

26日は晴れることがほぼ確実になってきました。門前仲町からの折り返しのとき、つまり約20km~25km地点では背中からまともに日差しを受けそうです。首の後ろを覆うような工夫が必要かもしれません。後ろつば付きのキャップは一応持っていきたいと思います。

ラン資金     26607円
月間走行距離    157km
年間走行距離    385km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック