探せばあるぞ、格安レース

5月28日(火) 曇りときどき雨

昨日はマラソンの値上げラッシュについて言及しました。言及というほどではないか…

で、その続き。

もはや大都市マラソンは個人的かつ経済的見地から高嶺の花状態ですので、地方のローカル大会を目指すことも考えられますが、今度は遠征費がかかりますので、結局、経済的なデメリットは払しょくできないことになります。

大会にかかる費用で大きいのは運営費。特に、運営事務局がRUNNETなどと契約してサポートを受けると莫大な金額がかかります。RUNNETなどは大会事務局から運営費を取り、参加者からは手数料を取るのだから、実に美味しいビジネスモデルを作り上げたものです。

ということは、大手と契約せず、ネットに引っ掛からないような大会だと、相当安い運営費で済むはずです。その観点から、近隣の自治体のスポーツイベントを探してみました。

見つけたのは我が鎌倉市からほど近い平塚市。平塚ロードレースというのがありました。2018年は12月に開催され、10km、5km、3km、2kmのレースが行われたようです。開催場所は、サッカーや陸上競技でも有名なBMWスタジアムです。そして、問題の参加料は…

何と! 無料!!!

ちょっと信じられませんな。それに、平塚市民だけしか参加できないわけではなくて、2kmを除けばだれでも参加できるようです。

問題はレベルの高さです。昨年、10kmには6人しか参加しておらず、タイムは1位が32分台、6位(最下位)でも41分台です。今の私は10kmを44分程度と思うので、ダントツ最下位になってしまいます。ちょい恥ずかしい…

5kmは参加者が27人と比較的多くて、最下位は28分台なので、おそらく21分台で走れる私は20位以内に食い込めそうです。これなら目立たないか。

例え5kmのレースであっても、無料というのは非常に魅力的ですね。交通費も数百円だし。

無料であっても、一応申し込んでおかないと走れないようなので、申し込みの始める11月には少し考えてみようと思います。

探せばあるもんですな、自治体の格安スポーツイベント。

******

今日の帰りは小雨が降って意外に涼しかったです。ワイシャツ一枚で歩いていたら少し肌寒いほどでした。風があって、道には少しだけ梅の実が転がっていました。いよいよ梅拾いランの季節が近づいてきたようです。

ラン資金     -17878円
月間走行距離    217km
年間走行距離    1112km

この記事へのコメント

kawa
2019年05月31日 06:57
おはようございます 私は赤羽や横浜の月例マラソン(10キロなど1000円)が出てくると思いましたが、まさか無料とは!びっくりしました
タダで大会参加は、このブログタイトル、節約~の究極ですね

ELM81
2019年06月02日 09:06
kawa様、こんにちは。
そうなんですよ。無料には驚きました。自治体の予算消化の一環ですかね。探せば結構あるようです。鎌倉にも無料の駅伝大会があるのですが、6人ピッタリ集めないと申し込めないので毎年諦めています。

この記事へのトラックバック