ピッチとストライドの主従関係の考察

7月22日(水) 曇りときどき晴れ

トラブル続出、GoToトラブルキャンペーンとは的確な命名であったとある意味感慨深い… あ、トラベルか…

さて、今日もダラダラと在宅勤務をやったあと走ってきました。もう蒸し暑くて死にそー…

たった12kmで汗だくでしたが、漫然と走っているのもアレだなと思い、9km以降である試みを行いました。まあ、たいしたことではないのですが。

残り3kmの時点で意識的にストライドを上げ、ピッチは成行きに任せました。そのデータを見ると以下のようになっています。
data200722.jpg
残り3kmでは平均するとストライド100cm、ピッチ179となり、その前の3kmのストライド97cm、ピッチ181に対して、それなりに変化が見られます。

走行中の感触では、ストライドを上げたことでピッチがかなり落ちたのではないかと思ったのですが、ピッチは意外に落ちないものです。これが今日得ることのできた新たな知識。

次は、意識的にピッチを上げたときにストライドがどう変化するかのデータを取ってみたいと思います。

ペースを上げるときに、ピッチとストライドのいずれを意識すべきなのかがわかれば、効率よくペースを上げることができるのではないかと考えています。

全然見当はずれのようにも思いますが…

******

明日から4連休です。距離稼ぎをしたいところですが、梅雨明けしないため雨にたたられそうです。

ラン資金     +37473円
月間走行距離    222km
年間走行距離    1919km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント