サラリーマンとして最後の大会

2月22日(月) 晴れときどき曇り

今日は出社。現在一緒に仕事をしている人に、来月末で退社する旨を伝えたところ、かなり驚かれてしまいました。それもそのはず、そのお方は私よりかなり年上なのです。結構うまくやっていただけに、私も少々後ろめたい気持ちではあります。

さて、仕事はやたらと繁忙期ではありますが、サラリーマン生活もあと5週間ほどとなりました。42年間のうちの5週間ですから、フルマラソンでいえばすでに99%を走り終えてあとトラック1周というところです。転ばなきゃいいけど。

サラリーマン生活の最後がコロナ禍の最中というのもアレですが、最後の最後に大会に出てこうじゃないのという気持ちがフツフツと湧き出てきております。何か記憶に残るようなことをしておきたいと感じているのですな。

最後の日曜は3月28日ですので、一応大会を調べてみたところ、まだエントリー可能なローカル大会が残っていました。その中から候補に選んだのは、UPRUN主催の鶴見川とアースラン主催の豊洲です。

前者は、フル、30km、ハーフとバリエーションがあり、料金も比較的安いです。ただ、鶴見川の往復5kmのコースを行ったり来たりするだけであり、昨年も同じコースを走った私としてはまるで新鮮味なしです。

後者の豊洲は、長距離種目は20kmまでしかありません。クリテリウム方式と書いてあるので、要するに周回ですね。おそらく4km周回を5周するのだと思います。豊洲には一度も上陸したことがないため新鮮味はあるはずです。海を見ながら走るので天気がよければ飽きないことでしょう。また、先日書いたように、アースランクラブの5000円クーポンを持っているので、実質持ち出しゼロというのも大きいところ。ただし、スタート時刻が早く、そもそも豊洲までどうやって行ったらいいのかピンときません(どうやらゆりかもめを使うようですが)。

一長一短ですね。ただ、両者とも定員オーバーになることはないと思われるので、じっくり考えて締め切りぎりぎりにエントリーすることにします。って、どちらもパスかもしれませんが。

******

今日のニュースで一番驚いたのは、内閣広報官の何とかという性格悪そうな女が一食74000円の接待を受けた件です。驚きのあまり、崎陽軒シウマイ弁当を3か月間毎日食えるじゃんと思わず口走ったら、家人に基準がおかしいと言われてしまいましたよ。計算が速いと言ってほしかった。

そのあと、二人で高い食べ物って何かなと考えたのですが、家人はフグのフルコースではないかと言っておりました。いくら丼とかうに丼しか思い浮かばなかった私は少々自己嫌悪。

ラン資金     +62385円
月間走行距離    235km
年間走行距離    546km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント